【快挙!】なんと日本文芸アカデミー賞受賞の英語学習法!

池上彰のマンガでわかる経済学が本当に分かりやすい

この前本屋に立ち寄った時、

ikegamiakira-mangakeizaigaku.jpg

ついつい立ち読みしてしまいました。


感想は、

マンガなので非常に分かりやすい

です。

経済を勉強してこられた方にはちょっと物足りないかもしれませんが、
にわかに経済を知っている私からすると、
難しい言葉もマンガで解説してくれるとイメージしやすいので、
分かりやすい。

話のネタになります。


そしてマンガなので、子供に読ませることができます。
経済に興味がなくても、
このマンガをきっかけに興味を持ってくれれば良いかなと。

読ませるなら、
小学校高学年〜中学生頃がちょうど良いと思います。
低学年にはまだちょっと難しい。。

夏休みの読書に良いのではないかと思いました。





電子書籍もありました。


勉強しない子供に勉強させる方法

これ悩みますよねー
しかも、学校では真面目に勉強してるみたいなんですが、
家に帰ってくると全くしません。

親が言わないとしないし、
「勉強しなさい!」
って言っても反発するばかりだし。

まー自分も子供の頃に親に言われなくても勉強をしていたのか?
と言われれば反論の余地なしなんですが、
ただ、子供には勉強をしっかりしてもらいたい。

親もただ言うだけじゃなく、何か効果的な方法はないかなぁ〜

そんなことを考えながら、Amazonを見てたら
こんな本を見つけました。



あらすじを読んでみると、
子供が気に入った手帳を買って、1週間のやるべきことを自分で書かせて
できたことを赤ペンで消していくだけ。
そんなことが書いてありました。

本当にこれだけでできるの?
って思いましたが、口コミを見ると、
効果があったとか、ADHDの子供が自分で計画を
立てられるようになったとか書いてあったので、
何かしら効果はあるのかなと。

その他にも面白そうなことが書いてあったので、
ちょっと試してみようと思います。

効果があることを期待ですね。

小学8年生

最近知ったのですが、
小学8年生
という雑誌があって、すごく人気で売り切れてるみたいです。

どんなのか調べてみたら、
小学館から発売されていて、年代別の、
小学1年生〜小学6年生とは別の全年代を対象としていて、
夏休みの宿題の攻略について。とか、
自由研究のテーマとかが載っていました。



これ読んでみると分かりますが、子供の好奇心を刺激する内容が多いです。
正直、自分が子供の時にあったらよかったのにぃ〜って思います。

特にうちの子は落ち着きがなく、集中力が続かないので、
どうすれば1つのことに集中して取り組んでくれるか?
を日々考えている中で、このように子供が興味を示す内容が
たくさん書いてある雑誌は非常にありがたい。

とにかく一度興味を持ったらとことん集中できるので、
そのためにはたくさん選択肢があった方がいいので、
早速我が家では試してみます。

本屋では売り切れているところもあるみたいなので、
ネットで購入した方が確実そうです。

ちなみに今まで3冊発売されているので、
とりあえず全部購入。
その中から子供が興味を持ったものをとことんやって、
その経験を他の勉強につなげていければいいな〜
って思いながら。
親も楽しんでみようかなって思ってます。

最新号はこちら




第2号はこちら




第1号はこちら




背が伸びるサプリ【フィジカルB】商品購入