【快挙!】なんと日本文芸アカデミー賞受賞の英語学習法!

野球塾

いよいよ今日から子供の野球塾での練習がスタート。

スクリーンショット 2017-05-12 23.03.37.png

真ん中がうちの子。

ちゃんと集中できるか心配でしたが、野球をすることは好きなので、
きちんと最後までやり遂げることができました。

実は、この野球塾に来る子ってADHDの子が多いみたいで、
しかもコーチをはじめ塾長もADHD。
なので、ADHDの理解があるので、教え方も上手です。
しっかり個性を伸ばすような教え方、接し方をしてくれます。

言葉だけでなく、身振り手振り、体を使って、決して押し付けることなく、
うまくいけば褒めてくれるし、失敗すれば失敗したとは言わず、出来るまでチャンスをくれる。
なので、子供は家に帰ってから親が言わなくても復習してました。

それを見て、
「野球塾に入れてよかったなー」
って思いましたね。

今まで英語に通わせていたのですが、歌を歌うなど自分に興味のあることには
積極的に参加するけど、それ以外はやらない。というのがあって、
先生もうちの子だけにかまってられないので、結構授業でとり残されてる
のを見てきたので、こうしたより深いケアや教え方をしてもらえるのは
子供が一番嬉しいはず。
その辺も子供は自分で言わないですけど、表情を見れば分かります。


周りは年上の子ばかりで1年生はうちの子だけですが、
たくさん刺激をもらって上達してほしいですね。
このまま好きになって上達すれば、

「将来はプロ野球選手!」

ってなったら嬉しいですねー

まずはしっかり基礎を学んで、基礎体力をつけて。
怪我をしない丈夫な体づくりをしないといけないですね。


そのために今は子供の身長を伸ばすサプリを毎日飲んでいます。
子供の成長に必要な栄養素をしっかり摂取して身長を伸ばすだけでなく、
丈夫な体づくりにも役立つのでね。
これは習慣化しています。
ちなみに飲んでるサプリはこれ



錠剤なので、スムージーが飲めない人でも簡単に必要な栄養を摂取できます。

プログラミング 無料体験

最近注目のプログラミングの無料体験をやってみようかなと
考えています。

まずは自分が体験して楽しそうだなって思ったら
子供に教えてみようと思っています。

これからの時代はプログラミングの知識が重要と言われていて、
小学生からでもプログラミングの勉強ができるところがあります。

うちの子も私が使ってるパソコンで字を書いたり、なんらかの操作をするのが
好きなので、この機会に本格的に触らせてみようかなと。

もし、興味を持てばトコトン集中するので、プログラミングのスキル習得してくれれば
子供にとって将来の一つの武器になりますからね。
そうなると親と子で何かプログラミングしたりできますし、
それこそ極めれば稼げますしね。

まー実際に興味を持つかはわかりませんが、今のうちから色々な選択肢を
子供には教えていこうかなと。
今は興味がなくても1年後になんかのきっかけで興味を持つかもしれないですしね。

押し付けると嫌がるので、
パソコン使うとこんなこともできるんだよー
って感じで教えてみようかな。

まー実際どうなるかわかりませんが、まずは無料体験からスタートしてみます。




野球塾に入塾

小学校に入学したので、何か一つは球技系のスポーツをさせたいなと思っていました。

子供に「サッカーと野球どっちがしたい?」って聞いたら
「野球」って答えたので、野球をやらせようと。

だけど、うちの子はADHDでいわゆるグレーゾーンというところにいるので、いきなり団体スポーツは厳しいかなと。
それに1年生だったら長時間拘束されてまともな練習をさせてもらえないかなと。
そして注意力に欠けるところがあるので、まずは少人数でできるところで野球をやらせようと思って野球塾にしました。

それで今日入塾の申し込みに行ってきました。
息子のADHDのことがあるので、それを話したら、そこの代表やコーチも実はADHDであると。
結構そういった子は多く全然大丈夫ですよ。長所を伸ばしていくやり方でやってきてるし、
そもそも代表がADHDで理解があるし海外では一つの個性として捉えられていて決してマイナスではなく、むしろスイッチが入ったら集中できるので、長所を見つけてそこをどんどん伸ばすことでマイナスをカバーすると。
そもそもアスリートにはADHDが多いですよ。といった話をしてくれました。

正直ホッとしましたね。そこが一番心配していたところだったので。
理解してもらえる指導者の方だったので安心して任せられそうです。

これは野球塾のコーチから聞いた話ですが、
チームに入るとチームの勝利最優先になって選手を酷使したりしてけがをしてしまうケースがあるみたいです。野球塾の場合は個人のスキルアップが目的で、最終的にはプロを目指すと。そのためのカリキュラムで進めているそうです。

特に小学校低学年の頃は運動神経を伸ばす時期なので、チームに入って野球だけしかやらないより色々な運動をさせた方が良いと。例えば、サッカーと野球とか。体操と野球とか。

そんな話をしながら、自分たちの時代と随分違うなと。
自分たちの頃は科学的な根拠より気合と根性の精神論だったので。
今の子たちは非常にやりやすい環境にいるのかなと思います。

スクリーンショット 2017-04-29 23.45.48.png

とりあえず来月GW明けからスタートするのですが、まずは基礎体力や基礎能力を身につけてもらいたいですね。そのためには親はしっかりサポートしますよ。

背が伸びるサプリ【フィジカルB】商品購入